2006年03月27日

ネタが無いのでデッキ紹介

バージョンUPしてから全くダブルWに当たった事がありません。

みんなダブルWなんて弱いと思ってると思いますが結構強いですよ。
なんたって6品をうろうろしていた私がいきなり3品になれたぐらいですから。


勝てた理由としては

@いまの流行の全軍突撃もしくは暴虐に強い。

A大水計の範囲が前にいきテイイクの反計範囲に入らない

B柵が二枚あるので守りは硬いし攻めの時は大水計が熱い。



@は全軍突撃のデッキに対しては大水計で対抗できるし大水計を封印の計で封じられてもキョチョの挑発で何とか切り抜けられます。
もちろん荀イクは呂姫を頑睨みです。

暴虐デッキの時『暴虐なる覇道』はわざと反計をせずに大水計で主力を流します。
流した後董卓と1体〜2体は生き残っているはずなので、暴虐の城ダメージを狙いわざと倒さずに柵の後ろに避難します(この場合キョチョと典韋は大体の場合撤退しますが気にしません
そして柵の後ろに楽進と荀攸と荀イクを隠して矢を打ち続けさらに楽進の突撃をします。
これで城ダメージ的には有利になるので後は同じパターンの連続です。




A言わずもがな。





Bまず守りの時ですが
私のデッキの場合柵は城門前に間隔をあけ二重に起きます。

柵が二枚あれば例え攻め込まれても弓二体を柵の後ろに回せば安全に弓が打てます。
3体ぐらいで柵を壊しにきたら大水計で流せばいいし端攻めしてきたとしても弓で攻城を遅らせ典韋かキョチョの乱戦もしくは楽進の突撃で倒せます。


そして攻めの時ですが相手に反計する武将がいない場合は典韋を城門にそして楽進とキョチョを城壁にくっつけます。
さらに荀攸と荀イクは弓マウントを取ります。
そして攻城阻止に来た敵に大水計をお見舞いします。






出来たらこのデッキで覇王まで行きたいです。
今現在2品なので先も近いかもしれません。
でも一品から覇王まで行くのが大変かもしれませんね。
posted by 朱龍 at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12/25に10回やってRでないってのありますが、今の三国志大戦のアソートには1箱にSRが0枚の封入率の箱もあります。
その箱では平均して、最初から20〜25枚の間にRがまったく入っていないですよ
Posted by at 2006年03月30日 18:10
SR一枚も入って無い箱なんてあるんだΣ(゚д゚lll)
もしもその台で連コしまくったら大変な事になりますね。
Posted by 朱龍 at 2006年03月31日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。